オメガ3(DHA・EPA)とオメガ6、オメガ9って何?

サプリゴト

油って色々ありますよね。
サラダ油、肉の油、バターなど。
油と健康はかなり密接な関係にあります。

良質のコレステロールは、生命を維持するために必要な栄養素です。
そしてコレステロールは「ホルモン」になってゆきます。
なので妊娠中のお母さんはDHA/EPAの摂取が望ましいともいわれています。

そんな油を簡単に振り分けると
1.飽和脂肪酸(常温で固体):バター、肉、乳製品の油
2.不飽和脂肪酸(常温で液体):オリーブオイル、ごま油など
3.トランス脂肪酸:マーガリンショートニング

でオメガ3とかオメガ6、オメガ9とか言っているのが、上記2の不飽和脂肪酸。

オメガの話になるとややこしんですが、二重結合の位置が3番目か6番目かということです。

そんなことより気になるのが、健康にどうなのか!

◆オメガ3
オメガ3系の摂取を増やすと、心血管の健康を改善することができます。
食事でできる最も有効な手段です。ストレス緩和や免疫調整の分野でも研究されています。
アレルギーリスクを低減します。
※摂りすぎると出血時間が長くなるので気をつけなければいけない面もあります
摂りすぎ=サンマ1日に3匹など

◆オメガ6
健康的には要注意です。生活習慣病の元凶といってもいいくらいです。
そしてアレルギーリスクを増加させます。
でも天ぷらとか中華とか美味しいですよね。ポテチとかも。
食べたときは オメガ3:オメガ6 を「4:1」のバランスでとれば理想的です。

◆オメガ9
これも健康的には良い油です。悪玉コレステロール濃度を下げると言われています。
研究がまだまだ進められている途中なので今後が楽しみです。
我が家では米油を使うようにしています。

私はアトピー性皮膚炎で、大学生の時に体質改善に取り組みました。
その時、ポテトチップスや脂っこい料理を極力食べないようにていました。
いくら良質のオメガ3をとっていても、そのあたりを食べ過ぎるとダメですからね。

皆さんの健康に役立てるとうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました